にじ組遠足〜牧野ヶ池公園〜

2019.10.05 Saturday 22:32
0

    こんにちは。遠足担当の中村、長谷川です。

    数日前まで雨が心配でしたが、見事に晴れ遠足日和になりましたね。

    早くから来ていたにじ組さんは2階に上がり、いつものように雑巾がけを行っていましたよ!

    リュックの中身を確認し、沢山歩くので身体をほぐしてから

    パンダ・つき・ほし組さんに見送られ出発!

     

    途中にはイチョウの木があり下には銀杏が落ちていました。

    牧野ヶ池公園に着くと風が気持ちよく、少し入って行くとどんぐりや虫などを見つけ「こっち来て!」と友達や保育士を呼び、嬉しそうにしていました☆

     

    竹やぶの中を進み、以前お昼ごはんを食べた原っぱに出ると落ち葉が沢山落ちていました。

    「ハートの葉っぱあった!」と可愛い葉っぱを1人が見つけると「ここにもあるよ!」と、また嬉しそうな声が。他にももみじや柿の葉、顔が隠れるくらい大きい葉もありましたよ☆

     

    反り返った落ち葉を見て「お船みたい」と言っていたIちゃん。しばらくして「先生来て!」と誘われ、行ってみると落ち葉の上に土をのせレストランを開いていました!大きさや色の違う葉っぱがお皿として並んでいてとても綺麗でした☆

     

    他にも蝶々を捕まえたり、落ち葉投げをしたりして過ごしていました。

    少し奥に行くと栗の殻を発見!中身は空っぽのものが多かったですが、風が強かったので、木から落ちてきていました。

    後から来た子たちも興味を示していたので、先におにぎりを食べることに!

     

    蚊が沢山いて食べる前から「痒いよー!」と言いながらも、「これ見て!」とおにぎりを見せたり中身を聞きあったりしていました♪空腹だったからか大きな口でかぶりつく子も(笑)

     

    おにぎりを食べた子から栗の木の下へ!

    落ちている栗の中身を確認し、開いていないものを見つけると足や木の枝を使い開けていました。

    木にくっついている栗を見つけると木に登ってみたり、長い木の枝を持ってきて落とそうする子も。届かず保育士がバトンタッチ!栗の木を見上げ、落ちてくるかな?とドキドキしながら待つ姿がありました。

     

    なかなか見つからない子どもたちも諦めず様々な場所を探し、見つかると「あった!」と嬉しそうな声と笑顔で見せてくれました☆

     

     

    栗の殻を木の枝を使い集めて中身がない栗を入れ、お店を開く子どもたちも…

     

    また、捕まえたカタツムリのおうちを作る姿もありました。

     

    途中散歩に来ていた方から"栗スプーン"の作り方を教えてもらい、保育士が作る姿を観察し子どもたちも挑戦!可愛いスプーンができました♪

     

     

    楽しい時間はあっという間。「おうちに持って帰って見せるんだ♪」と沢山のお土産を持って保育園へ。帰り道もしっかり歩き、最近覚えた歌を歌いながら楽しく帰ることができました!

     

    前回とは自然が変わり、楽しみ方も変わりました。季節を見て感じ、身体でも感じ季節の移り変わりを子どもと感じ、楽しんでいきたいと思います。

    おにぎりの用意ありがとうございました!

    category:行事 | by:uedanijicomments(0) | -